おにぎり

さいきん、おにぎりの話をすることが多くて、握って食べることもよくしている。
だけど、何回作ってもそれなりには美味しいけど「美味しー」ってところまでは登り詰められないまま。
握り方も一貫性がないから、おっ!と思った次の日はえっ?と思ったり。

で、思い出したのが"ほぼ日"糸井さんの今日のダーリンで、おにぎりを社会にたとえていて「引っ付きすぎていても、離れすぎていても難しい。お米一つ一つ、しっかり立っていてほしい。」みたいな言葉。しっかりは覚えていないのだけど…

おにぎりの技があがるようなネタを思い出したわけでは、まったくないけど思い出せて良かった。
おにぎり、やっぱりソウルフードなり。

 

自然の威厳

場所も家も道具も人間も、自然の流れに寄り添っていたい。
それは、流されるというのとは大きく違っていて、自分を続けるということか。
流れの途中にある、今のこの場所。

そういった意味では、時間の長さも場所も関係なく、自然からの大きな流れに逆らわず息づいている家は美しいのだと思う。


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

links

search this site.